国内外で活躍する 
eスポーツ日本代表選手に
インタビュー!
杉村直紀選手
相原翼選手
赤坂哲郎選手
好きなことを追求して
自分の長所を見つけることが大切
(杉村選手)

eスポーツとは? 一言でスポーツといっても様々な種類があり、サッカーや野球、バスケなど体を使った「フィジカルスポーツ」、将棋やチェス、マージャンなどの盤ゲームやカード、推理など主に頭脳を酷使する「マインドスポーツ」などあり、近年注目されているスポーツとしてテレビゲームやプログラミング、GPS、インターネットのSNS、ドローンなど、電装設備を用いた競技を指す「eスポーツ」があります。

複数のプレーヤーで対戦されるゲームをスポーツとして捉え、他選手との間でフィジカルや頭脳、正確な操作性などを競い合います。
海外ではeスポーツのリーグは勿論、専用のアリーナも作られるなど、職業としても注目されています。


アジア競技大会を
終えて、、、
次世代へのエールも!

9/20-23の4日間に渡って開催された「東京ゲームショウ2018」のeスポーツ特設ステージに、第18回アジア競技大会のeスポーツ競技で金メダルを獲得した「ウイニングイレブン」の杉村選手・相原選手、日本代表として活躍・健闘した「ハースストーン」の赤坂選手が登壇し、様々な質問に答えてくれました。


初出場した
アジア競技大会について

選手村の中を含めて、様々な国から来た大勢の選手が滞在する環境に身を置くことができて刺激になり、非常に大きな経験になりました。(杉村選手)

1戦目で杉村選手が負けたことに非常に驚いた部分もありましたが、自分を追い込み集中することができました。
(相原選手)

有名な選手が多く参加していて、知っている人が多かったですが、国を背負って戦うアジア大会の雰囲気はいつもの大会と違い、興奮しました。
(赤坂選手)


東京ゲームショウ2018の
特設ステージで報告会!


次世代へエール

eスポーツ問わず、何か自分の好きなことをやり続けることが大切だと思います。そうすることで自分の長所を発揮することができるはずです。その中で特にeスポーツに関わってくれると嬉しく思います。(杉村選手)

eスポーツ選手に関しては、まずは色々な大会に挑戦してほしいと思います。大会に出ることで新しい発見もあり、自分のように無名から勝ち上がることもあるので、色々な方にチャンスがあると思います。(相原選手)

eスポーツの戦法については、色々なやり方を試して、一番結果がでる方法を見つけるのがオススメです。
(赤坂選手) 
東京ゲームショウ2018では
eスポーツ関連ステージ
&展示がたくさん!

「東京ゲームショウ2018」では、eスポーツの特設ステージが用意され、アジア競技大会の報告会をはじめ、親善試合や8タイトルの大会が行われました。 
『FIFA 18』による
日本vsオランダの
国際親善試合!

またeスポーツに関連する展示もたくさん! 注目度が高まっているeスポーツに今後も目が離せません!!

PROFILE
杉村直紀選手

プレイヤーネーム:
SOFIA(ソフィア)
種目:ウイニングイレブン
主な戦歴
・PES LEAGUE WORLD TOUR 2018
 ヨーロッパラウンド 優勝
・PES LEAGUE WORLD TOUR 2018
 アジアラウンド ベスト 4
・Winning Eleven AFC
 CHAMPIONS LEAGUE 2017
 ベスト 4

相原翼選手

プレイヤーネーム:
レバ
種目:ウイニングイレブン
主な戦歴
・Winning Eleven AFC
 CHAMPIONS LEAGUE 2017
 ベスト8

赤坂哲郎選手

プレイヤーネーム:
Tredsred(トレッドスレッド)
種目:ハースストーン
主な戦歴
・2016年日本春季選手権準優勝
・2017年アジア太平洋春季
 プレイオフ準優勝

vol.1
現役中学生の社長 神谷明日香さんにインタビュー